バックナンバー

  • 2018年11月号

    防衛技術ジャーナル

    今月号の表紙

    対空能力を強化した汎用護衛艦「あきづき」型。写真は「ふゆづき」。“和製イージスシステム”ともいわれるFCS-3を搭載。艦橋構造物上にある四角い固定式レーダが特徴。日本の技術力の高さを体現した護衛艦となった。
    (撮影/菊池雅之)

    • 試し読み
    定 価
    本体価格1,000円+税
    年間購読料
    10,600円(12冊)
    編集・発行・販売
    (一財)防衛技術協会

    防衛技術ジャーナルに掲載する広告を募集しています。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 防衛技術ジャーナル購読のお申込み

    目 次

    解説
    テクノフラッシュ
    防衛装備庁の安全保障技術研究推進制度について
    【鈴木  茂】
    世界の最新兵器動向
    米国国防高等研究計画局の戦闘車両技術
    【松下 義宣】
    オピニオン
    展望台
    「空の勝利は技術にあり」、先人に学ぶということ
    【井上 浩秀】
    歴史
    防衛技術アーカイブス
    国内開発の対艦ミサイル(前編)
    【武藤 正美】
    連載
    雑学!ミリテク広場
    レーダ電波の戦い
    【文責/本誌編集部】
    いま、GEOINTは!
    第2回「GEOINTの王道、大型の地球観測衛星」
    【葛岡 成樹】
    新・防衛技術基礎講座 ─ 防衛装備庁 艦艇装備研究所編
    第5講「艦艇航走技術(構造強度技術)」
    【髙嶋 隆二】
    研究
    DTF REPORT
    UDT2018から見た水中防衛技術の動向(Ⅰ)
    ─ 企業訪問編 ─
    【(一財)防衛技術協会 水中防衛技術研究部会】
    DTF REPORT
    2017年AOC年次シンポジウムから見た電子戦の動向(Ⅱ)
    【(一財)防衛技術協会 防衛用電子戦・レーダ研究部会】
    VOICE
    【吉塚  毅/海生 直人】
    BOOKS
    「核攻撃から身を守ろう!」
    英文目次
    □編集後記/表紙説明/次号予定

    ページの先頭へ